読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

戦争と平和

戦争ったって

ずーっと何千年も戦争しっぱなしってことはなくて

合間に数日でも平和な時間があったりするものだと思う

結局反省した事も忘れてまたはじめちゃうのが戦争だとしたら

だから歴史は戦争ばっかりなのかと思うけど

 

 

わたしたちのこれは戦争と戦争の合間なのか

それとももうないのか

戦後これまでの日本のようにキープできるのか

 

日本の行く末はちょっとあやしいけど、

生きてるうちはキープしてほしい

そしたらわたしたちもキープできるかもしれん

 

 

ホフディランのスマイル

夫が急にウクレレひきながら歌いはじめた

特に意味はないようだけど

歌詞に驚いた

 

 

深刻ぶった女はきれいじゃないそうだ

 

 

 

おっとーーーーーーー

すみませんでした。

 

 

誠意でしょ

てのは 自分から言うことにより

効果が半減すると思う

 

誠意ってのは

「誠意みせてるでしょ どう?!」

とか自分から口に出してアピールするようなものなのか

 

結局、奥さんに怒られてるから、って言ってるあたりで

誠意じゃないと思うんだけど

 

 

 

無へ

怒ったりがっかりしたり持ち直したりやっぱり吐き気がきたり

 

そして今

無に向かおうとしている

 

元気ないね

落ち込んでるね

仕事のこと考えてるの?

って聞かれたけど

どういう返事を期待していたのだろう

 

そうだよ仕事どうしよっかなー

 

ちがうよ

 

 

どういうのが正解だったんだろう

 

返事ができなかった

 

 

出会う前

むかしのことが気になったのは付き合い始めの頃

もう長いこと気にもかけなかったけど

 

もしかしたら

まじめで誠実で女慣れしていなくて一途な人

ってのは 私の思い込みかもしれない

と思い込みはじめた

 

惚れっぽいんじゃないのか?

女好きかも?

もしかしてもしかして

 

過去のことなんていいじゃない、

って言うけど

バッググラウンドが未来をつくるんだわさ

 

 

月火水木

何事もなくすぎた

お互いに触れず

特に私が一切触れず

それが効を奏したのか?

 

目を合わせるのはまだできていない

 

 

日本橋とか水天宮とか

その辺に住みたい

狭くていい

6畳もいらないし

投資用の小さいマンションでいい

 

 

この街が好きだったのに

想像して吐き気がして

いい街なのに

その道を通りたくない

そのルートを通りたくない

そのコンビニにも行きたくないし

あのお店にももういけない

ああ、一緒に行ったのねって想像しちゃうでしょ

 

こんな近くで浮気しやがって

ばかじゃないの